群馬県 │草津温泉湯畑 <アゼスタ観光地ブログ>>

2018.03.28 Wednesday

0

    おはようございます。アゼスタです。
    「春爛漫」とは花が咲き乱れる様子、
    あるいは明るく光あふれんばかりに輝くさま、を指すそうです。
    街中に咲く花も、気づけば色とりどりに咲いています。
    冬の重いコートを脱ぐこの季節。
    例年通りダイエット話にも花が咲く、ことでしょう(笑)


    さて今回は群馬県から「草津温泉湯畑」をご紹介します。

     

    全国的に有名な草津。日本三名泉のひとつでもあります。
    標高1200mに広がる豊富な湯量と泉質のよさを誇り、
    その湯量は毎分32,300リットル以上。想像を絶する湯量ですね。

     

    群馬県ー草津温泉湯畑?_R.jpg

     

    泉質もすごいのです。
    日本有数の酸性度で、ph値は2.1(湯畑源泉)。
    この2.1という数字は1円玉なら1週間、5寸釘でも10日で溶かすほどの強い酸性を表しています。
    雑菌などの殺菌作用は抜群という訳です。
    昔から恋の病以外なんでも治すと言われてきたこの湯は、
    慢性皮膚病には大変効果があることがわかっています。


    そして草津のシンボルともいうべき湯畑源泉。
    温泉街の中心部に湧き、名実ともに草津温泉の中核をなす源泉であります。
    湧き出た湯は囲いの内側にある7本の木の樋を通ります。
    湯樋は、高温すぎる源泉水を加水することなく低温化するための施設でありますが、
    湯の花を採集する目的も兼ねています。

     

    群馬県ー草津温泉湯畑?_R.jpg

     

    採集した湯の花は最上級の入浴剤として草津温泉のお土産として販売されています。
    湯の花の採集は、江戸時代中期にあたる寛政2年(1790年)頃に始められたそうで、
    採集は年に3回行われているとのことです。
    歴史ある一品なのですね。

     

    1975年には、芸術家・岡本太郎さんがデザインと監修をし、
    現在の湯畑やその周りの散歩道が完成しました。
    湯畑の脇には足湯が楽しめる「湯けむり亭」。
    江戸時代にこの場所にあった共同浴場「松乃湯」を再現しているそうです。


    湯もみ唄の一節
    ♪草津(くさづ)よいとこ一度はおいで♪

     

    一度とならずお出かけになってみて下さい。

    栃木県 │黒磯PA下り <アゼスタ観光地ブログ>

    2018.03.23 Friday

    0

      おはようございます。アゼスタです。
      桜の開花宣言が出たものの、今週は冬の寒さに戻りました。
      春分の日には、TVでは箱根の吹雪の中から中継をしていて驚きました。
      気温差が激しいので、体も疲れてきます。
      くれぐれも皆さま、ご自愛くださいね。

       

      今回ご紹介しますのは、東北自動車道の「黒磯PA下り」です。

       

      所在地は栃木県那須塩原市。
      東京から向かいますと那須インターチェンジの手前にあります。
      コンビニとおトイレだけのシンプルなPAですが、
      高速道路上にコンビニがあるのはとても便利。
      小さな忘れ物や買い足しなど、いつもの日用品が購入できてしかも早いです。
      24時間営業なのもポイントが高いですね。

       

      東北自動車道 黒磯PA(下り)_R.JPG

       

      街中のコンビ二と違うのは店内奥にイートインコーナーがあり、
      他のPAと同じように軽食が食べられることですね。
      揚げ物や炒め物など注文してからひとつずつ作ってくれるのも嬉しいポイントです。
      アゼスタ社員が利用したときは“もつ”がオススメ商品でした。
      寒い季節にはたまらないですね。
      高速道路で“もつ煮”という意外性も抜群です。

       

      東北自動車道 黒磯PA(下り) モツ煮_R.JPG


      嬉しいポイントがもうひとつ。
      小さなPAながらも、焼きたてのパンが販売されています。
      ちょっとした休憩や眠気覚ましにはぴったりですね。
      栃木県ならではのご当地ドリンク「レモン牛乳」ももちろん購入できます。

       

      雄大な那須岳を見ながら一息。
      ゆったりと過ごせます。

      ぜひお立ち寄りください!

       

      --------------------------------------------------------------

      東北自動車道 「黒磯PA下り」

      [所在地]栃木県那須塩原市
      [TEL]0287-65-4922
      [公式HP]http://www.driveplaza.com/sapa/1040/1040111/2/
      [駐車場]大型12台 小型17台 障害者用1台

      --------------------------------------------------------------

      埼玉県 │秩父神社 <アゼスタ観光地ブログ>

      2018.03.19 Monday

      0

        アゼスタです。こんにちは。
        ひと雨ごとに春めくと言いますが、随分と暖かくなってきましたね。
        15日には高知で、17日には東京で桜の開花が発表されました。
        全国的に今年は平年より早く咲くようです。
        お花見の日程も少し早めに予定しましょう!

         

        さて、今回は埼玉県から「秩父神社」をご紹介します。

         


        埼玉県−秩父神社?_R.jpg


        始まりは崇神天皇の時代、初代の知知夫国造である知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)が、
        祖神である八意志兼命(やごころおもいかねのみこと)を祀ったことから。
        2014年には鎮座2100年を迎えた歴史のある秩父地方の総鎮守です。
        三峯神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社として知られていますね。
        全国的に有名な秩父夜祭りは、秩父神社の12月の例大祭として催されているもので、
        2016年12月には、「山・鉾・屋台行事」のひとつとしてユネスコ無形文化遺産に登録されています。
        例年20万人もの見物客が訪れるそうですから大変な賑わいですね。

         

        埼玉県−秩父神社?_R.jpg


        現存するご社殿は天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、
        江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。
        秩父地方は江戸時代の重要な水源地であった為、秩父を守る目的で徳川家康が社殿の建立を命じたそうです。
        日光東照宮や出雲大社なども手がけた左甚五郎の作品とされる色鮮やかな彫刻がたくさん見られます。

         

        埼玉県−秩父神社?_R.jpg

         

        見どころは

        「子宝・子育ての虎」寅歳、寅の日、寅の刻生まれの家康公の威厳とご祭神を守護する神使として左甚五郎が彫ったとされる。

        「お元気三猿」日光東照宮の“見ざる・聞かざる・言わざる”の逆説として“よく見て・よく聞いて・よく話す”。左甚五郎作。

        「北辰の梟」体はご本殿に向き、頭は正反対の真北を向いて昼夜問わずご祭神をお守りしている。

        「つなぎの龍」表鬼門を守護するために作られたとされる。その昔近くの天ヶ池に住み着いた龍があばれた際に、

               いつもこの龍の彫刻の下に水たまりが出来たので、龍の彫刻を鎖でつなぎ止めたところ龍が表れなくなったという伝説がある。左甚五郎作。

         

        埼玉県−秩父神社?_R.jpg

         

        春の日の散策にぜひお出かけになってください。

         

        ---------------------------------------------------------------------
        埼玉県秩父市 「秩父神社」

        [所在地]埼玉県秩父市番場町1-3
        [TEL]0494-22-0262
        [公式HP]http://www.chichibu-jinja.or.jp/index.htm
        [アクセス]秩父鉄道秩父駅より徒歩3分

              西武秩父線西武秩父駅より徒歩15分
              花園I.C.より約30km。皆野寄居バイパスを利用の場合約50分

        ---------------------------------------------------------------------

        静岡県 │浄蓮の滝 <アゼスタ観光地ブログ>

        2018.03.05 Monday

        0

          こんにちは。アゼスタです。
          昨日は全国的に暖かく、各地で日中の気温が今年最高となったようです。
          東京もコートいらずで少し汗ばむくらいの陽気でした。
          三寒四温とは本来冬の季語だそうですが、春先のこの季節に使うとしっくりくる気がします。
          少しずつ少しずつ春が近づいていますね。


          さて今回は、静岡県から「浄蓮の滝」をご紹介します。

           

          名曲「天城越え」の歌詞としても有名な「浄蓮の滝」。
          歌の世界観ではちょっと怖い怨念を感じますが、
          実際の「浄蓮の滝」は、日本の滝100選にも選ばれる華麗な名瀑であり、
          不動の観光スポットでもあります。
          幅7m、落差25m、滝つぼはエメラルド色でマイナスイオンが溢れているのが肌で感じることが出来ます。

           

          静岡県−浄蓮の滝?_R.jpg


          滝のすぐそばには“わさび沢”。
          綺麗な水と自然に囲まれた場所でないと育たないそうです。
          青々とした葉が敷き詰められている様子はなかなか見ることがないので新鮮です。
          収穫したわさびは、名産品であるわさび漬けやしょうゆ漬け、三枚酢漬けなどに加工されています。
          沢の上の“丸岩安藤わさび店”や“浄蓮の滝観光センター”では、わさびのアイスクリームが売られています。
          わさびの辛さをアイスクリームと味わう。もう20年以上のロングセラー商品だそうです。

           

          静岡県−浄蓮の滝?わさび畑(売店ではわさびソフトを販売)_R.jpg

           

          「天城越え」、「浄蓮の滝」と出ましたのでもうひとつ名所を。

           

          「浄蓮の滝」から車でそのまま国道414号線下田街道を南へ向かって約10分程でしょうか。
          「天城トンネル」に到着します。
          川端康成の“伊豆の踊子”や松本清張の“天城越え”に出てくる有名なトンネルですね。
          全長445.5mの日本で最初の石造道路トンネルです。
          また、道路トンネルとしては初の国の重要文化財にも指定されています。
          ひっそりとしんとした雰囲気は、映画のシーンを思い出させ、
          踊子たちが歩いているのではと錯覚させてくれます。

           

          静岡県−天城トンネル(北側)_R.jpg

           

          この天城峠をハイキングで超えていく方も多いとか。
          運動がてら歩いてみるのもいいかもしれませんね。

           

          --------------------------------------------------------------------------------------

           

          静岡県伊豆市湯ヶ島 「浄蓮の滝」

           

          [公式HP]http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?c1=5&c2=7&pid=2508

          [アクセス]修善寺駅からバス約35分

               沼津ICから車で約60分

               無料駐車場あり

           

          --------------------------------------------------------------------------------------

          東京都 │葛西臨海水族園 <アゼスタ観光地ブログ>

          2018.02.28 Wednesday

          0

            アゼスタです。こんにちは。
            平昌オリンピックが幕を閉じました。
            最後にカー娘たちがメダルを獲得、華やかな閉幕となりましたね。
            次は東京オリンピック。
            せっかく日本で開催されるのですから、映像ではなく生で応援をしてみたいなあと、
            新たな楽しみを持ってその日を待ちたいと思います。

             

            さて今回は、東京都から「葛西臨海水族園」をご紹介します。

             

            所在地は東京都江戸川区の葛西臨海公園内。
            東京ディズニーランドとほぼ隣接するような位置関係にあります。
            開園は1989年、10月。
            ドーナッツ型の大型水槽を回遊するマグロは当時から話題になり、
            TVでも度々見かけたように記憶しています。
            開園から現在に至るまで東日本で最も人気のある水族館で、
            2015年には来園者数が5000万人を超えました。
            何度行っても飽きないのでリピーター率も高いのでしょうね。

             

            葛西臨海公園の中では海側の奥の方に建っているので、
            園内を散策しながら徒歩で行くか、パークトレインという園内を巡回する乗り物で行くか。
            あるいは小さなお子さま連れのご家族でしたら、芝の上でひと遊びしてから向かうなど、
            水族園に入る前から楽しめるのも特徴と言えそうです。

             

            東京都江戸川区−葛西臨海水族園?_R.jpg

             

            入り口は地上30.7mの大きなガラスドーム。

            この下に2,200トンのドーナツ型の大水槽や、
            国内最大級のペンギン展示場で泳ぐペンギンの姿を見ることが出来ます。

             

            東京都江戸川区−葛西臨海水族園?_R.jpg


            600種を超える世界中の海の生き物たちがいるそうです。

             

            東京都江戸川区−葛西臨海水族園?_R.jpg

             

            楽しく生き物を観察するために、「見るコツ」を教えてくれるワークシートや、
            ペンギンテラスやアクアシアターなどの各会場で約10分ほどのガイドが聞けたり、
            アカシュモクザメ、マグロ、ペンギンのえさを食べる様子が見られたりと、
            多彩なプログラムが用意されています。

             

            東京都江戸川区−葛西臨海水族園?_R.jpg

             

            水族館としては入園料がリーズナブルなのも魅力ですね。
            2度目、3度目の方もお出かけになってみませんか?
            新たな発見があるかも!です。

             

            ------------------------------------------------------------------------------------------

            東京都 「葛西臨海水族園」

            [所在地]東京都江戸川区臨海町6−2−3 「葛西臨海公園」内
            [TEL]03−3869−5152
            [公式HP]http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/
            [営業時間]9時30分〜17時
            [休園日]水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)年末年始
            [入園料]大人700円 中学生250円 小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
                65才以上350円
            [アクセス]JR京葉線「葛西臨海公園駅」下車、徒歩5分

            ------------------------------------------------------------------------------------------

            栃木県 │東北自動車道 矢板北PA下り <アゼスタ観光地ブログ>

            2018.02.23 Friday

            0

              こんにちは。アゼスタです。
              スピードスケート女子チームパシュートが金メダル獲得しましたね。
              あのスピードであの距離感で揃って滑って隊列を変えて。
              何度も見ても圧巻です。
              普段見られないスポーツが見られるのはオリンピックならでは。
              最後まで楽しみながら観戦したいと思います。

               

              さて、今回は東北自動車道から「矢板北PA下り」をご紹介します。

               

              所在地は栃木県矢板市。
              東北自動車道上では、上河内SAと那須高原SAの間にあるこじんまりとしたPAです。
              比較的空いていて広すぎないので好みの方も多いかもしれません。
              2013年にリニューアルオープンしており建物もトイレ明るく綺麗です。
              敷地内にはベンチや緑地スペースもあり、小さなお子さんや静かに休憩した方にはぴったりの場所です。

               

              東北自動車道 矢板北PA(下り)_R.JPG

               

              施設内のショッピングコーナーは、栃木県内の有名店やスイーツなどなかなかの充実ぶりです。
              矢板市はりんごの名産地とのことで、りんご農家「加藤農園」のジュースを使ったりんごかりんとうが人気の様です。
              “りんごの香りと酸味、甘みがクセになるお菓子”と出てますし体にも良さそうですね。
              他に林檎バターもこの農園で作られたものが販売されています。
              「加藤農園」では9月末くらいからりんご狩りも出来るそうですよ。

               

              他のPAやSAでは買えないものもあり、五峰もちもちロールなどもおいしそうです。

               

              東北自動車道 矢板北PA(下り) ケーキロール_R.JPG

               

              宇都宮餃子や佐野ラーメンなどの名物はもちろんですが、
              ちょっと変わりネタですと、にらドレッシングが目を引きました。
              栃木県はにら栽培面積が全国1位なのだそうです。
              ニラの産地は考えたことがなかったので驚きました(笑)

               

              東北自動車道 矢板北PA(下り) ドレッシング_R.JPG

               

              2020年末ころにはスマートICが併設される予定だそうです。
              ますます便利になって立ち寄るお客様が増えそうですね。


              -----------------------------------------------------------------------------------

              東北自動車道 「矢板北PA下り」

              [所在地]栃木県矢板市太田字松小屋659−2
              [TEL]0287−43−1382

              [公式HP]http://www.driveplaza.com/sapa/1040/1040101/2/
              [駐車場]大型車15台 小型車30台
              [営業時間]スナックコーナー・ショッピングコーナー共に7:30〜19:30

              -----------------------------------------------------------------------------------

              群馬県 │こんにゃくパーク <アゼスタ観光地ブログ>

              2018.02.21 Wednesday

              0

                お早うございます。アゼスタです。
                オリンピック中継ご覧になってますか?
                選手たちの熱い戦いは本当に感動と力をくれますね!
                そして今回のオリンピックを盛り上げているのが、解説者のみなさん。
                かつての選手たちが、自身の経験を交えながら解説しているのですが、とにかく面白いです。
                スピードスケートの清水宏保さん、モーグルの三浦豪太さん、ノルディック複合の荻原健司さん。
                三者三様のトークで観戦をわかりやすくおもしろくしてくれてます。
                皆さまもぜひ注目してみてくださいね。

                 

                前置きが長くなりましたね(笑)
                では、本題へ。

                 

                今回は“こんにゃく”の生産日本一の群馬県から、「こんにゃくパーク」をご紹介します。

                 

                日本の伝統食材である"こんにゃく"を、和食文化の一つとして100年後も食べられる日本であるように、
                という思いから造られた「こんにゃくパーク」。
                2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場」から車で15分の距離ということもあり、
                ますます注目を集めている“こんにゃく”のテーマパークです。

                 

                群馬県ーこんにゃくぱーく?_R.jpg

                 

                工場見学では、“こんにゃく”の製造ラインが一望でき、パネルや映像で“こんにゃく”の歴史や
                雑学まで学ぶことが出来ます。
                予約制ではありますが、こんにゃく体験コースがあり、好きな形に作れる手作り体験や、
                こんにゃくゼリーを作りなど親子で楽しめるコーナーもあります。

                 

                群馬県ーこんにゃくぱーく?_R.jpg

                 

                工場見学の後は「こんにゃくパーク」で作られた数十種類のこんにゃく料理が無料で食べられる「こんにゃくバイキング」へ。
                日替わりのイベントメニューや季節ごとのメニューなど、こんにゃくの美味しさを存分に味わうことが出来ます。
                こんにゃくってこんな料理になるんだ!という普段見かけない料理もあって、全てのメニューを制覇したくなります(笑)

                 

                気に入ったこんにゃくがあればすぐ隣りの売店でお買い物。
                こんにゃくぜりーはもちろんこんにゃくパンやこんにゃく麺、こんにゃくアイスなど。
                お土産にもなりますし、「詰め放題500円」などお得な?商品もあります。

                 

                “こんにゃく”を存分に楽しんだら、外の足湯に浸かっていきましょう。
                ここにはなんと全長17mの大きな足湯があります。
                日本のヒノキ風呂やハワイアン風のオーシャンブルー風呂など4種類5か所のお風呂を、
                無料で楽しむことが出来ます。

                 

                ちょっと寄り道、のつもりで立ち寄った「こんにゃくパーク」ですが、
                遊び心満載でついつい長居してしまいました。
                お立ち寄りの際は、十分に時間を取って満喫してくださいね。

                 

                ------------------------------------------------------------------

                群馬県 「こんにゃくパーク」

                [所在地]群馬県甘楽郡甘楽町小幡161−1
                [TEL]0274−60−4100
                [公式HP]http://konnyaku-park.com/index.html
                [営業時間]9:00〜18:00
                [入場料]無料
                [アクセス]上信越自動車富岡インターから車で約10分
                JR新幹線高崎駅から車で約30分
                上信電鉄上州福島駅から車で約10分

                ------------------------------------------------------------------

                静岡県 │掛川城 <アゼスタ観光地ブログ>

                2018.02.14 Wednesday

                0

                  Happy Valentine! アゼスタです。
                  いつもなら今年はいくつもらえるか、気になるところですが、
                  今年はやはりオリンピックに話題集中ですね。
                  昨日は表彰台に上がる日本人選手3人の姿を見ることが出来ました。
                  このあとの競技にも期待がかかりますね。ガンバレニッポン!

                   

                  さて本題ですが、今回は静岡県から「掛川城」をご紹介します。

                   

                  「掛川城」の始まりは室町時代。駿河の大名今川氏が家臣の朝比奈氏に命じて築城したものです。
                  多くの城主が入れ替わり、増築や修築が繰り返されますが、
                  幕末の1854年、東海地方一帯で起きた大地震により天守を含む大半の建物が倒壊しました。
                  現在の建物は1994年に日本初の“本格木造天守閣”として再建されたものです。
                  “東海の名城”とうたわれた往時の美しさをそのまま再現していると言われています。

                   

                  静岡県−掛川城?_R.jpg

                   

                  この「掛川城」のエピソードに欠かせないのは、戦国時代に10年間在城した山内一豊でしょう。
                  NHK大河ドラマや司馬遼太郎さんの“功名が辻”で知られる内助の功で有名な方ですね。
                  関ヶ原の戦いの際に、徳川家康に城を明け渡したことが評価され土佐一国の大名となる。
                  ここで出てくる城が「掛川城」です。

                   

                  1590年、豊臣秀吉の命により入城した一豊は、「掛川城」の大幅な拡張を実施し、
                  天守や、二の丸、三の丸、大手門や石垣などの体裁を整え城郭としました。
                  再建された城は、この当時のものを模しているようです。

                   

                  静岡県−掛川城?_R.jpg

                   

                  現在は城の周辺一帯を掛川城公園として整備され、遊歩道や広場からお散歩しながら城を眺めたり、
                  二の丸茶室で地元産の“掛川茶”の煎茶や抹茶を楽しんだり、とゆったりと過ごすことが出来ます。

                  桜の名所でもあり、約130本の四季桜、しだれ桜、ソメイヨシノが春には城を彩ります。

                  また日本では初めての、19世紀イギリスのステンドグラスを中心としたコレクションを展示する「ステンドグラス美術館」や、

                  江戸から明治、大正期のたばこ道具やきせる、印籠など約2000点を展示する「二の丸美術館」も公園内にあります。
                   

                  春になったらぜひお出かけになってみて下さい。

                   

                  ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                   

                  静岡県 「掛川城」

                   

                  [所在地]静岡県掛川市掛川1138番地の24

                  [TEL]0537-22-1146

                  [公式HP]http://kakegawajo.com/

                  [利用料金]天守閣・御殿 大人(高校生以上)410円 小中学生150円

                       掛川城・二の丸美術館セット券 大人のみ(高校生以上)510円

                       掛川城・ステンドグラス美術館セット券 大人のみ(高校生以上) 810円

                       掛川城・二の丸美術館・ステンドグラス美術館 3館セット 大人のみ(高校生以上) 910円

                       障がい者手帳・療育手帳等を所持されている方、およびその介護者1名は無料

                  [アクセス]JR掛川駅より徒歩7分

                       東名高速道路掛川I.C.より約10分(大手門駐車場まで約5分)

                  [駐車場]大手門駐車場(有料約200台)・掛川公園駐車場(有料58台/乗用車のみ)

                   

                  ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                  鹿児島県 │西大山駅 <アゼスタ観光地ブログ>

                  2018.02.09 Friday

                  0

                    アゼスタです。こんにちは。
                    冬季オリンピックがいよいよ開幕しますね。
                    昨日はスキージャンプ予選、今朝からはフィギュア団体予選と、
                    アスリートたちの熱い戦いがすでに始まっています。
                    見逃せないですね。


                    さて、今回は鹿児島県から「西大山駅」をご紹介します。

                     

                    所在地は鹿児島県指宿市、JR九州指宿枕崎線の駅です。
                    鹿児島県の最南端にあり、JR日本の最南端の駅でもあります。
                    1日約16本の列車が停車する無人駅で、正面には「開聞岳」、別名「薩摩富士」が臨めます。
                    周りが畑で囲まれているので遮るものがなく、その景観は一見の価値あり、です。

                     

                    鹿児島県ー西大山駅?から阿蘇山を望む_R.jpg

                     

                    無人駅でありながらも、最南端という立地と景観を求めて観光客も多く訪れるようです。

                     

                    鹿児島県ー西大山駅?から阿蘇山を望む_R.jpg


                    2011年には九州新幹線開通を記念して、「幸せを届ける黄色いポスト」が配置されました。
                    “JR日本最南端の駅から大切な人へ想いを届けよう!”をコンセプトに旅先からの手紙を投函できます。
                    西大山駅周辺は、毎年12月末から2月にかけて一面に菜の花が咲き黄色いじゅうたんのようになるそうです。
                    ポストの黄色はこの菜の花をイメージしているとのことでした。
                    アゼスタ社員が訪れたのも12月でしたが、少し早い時期だったようで、
                    残念ながらこの景色には出会えませんでした。。。


                    せっかく最南端まで来たのだから周辺の観光もしていきたいですね。
                    近くには謎の生物“イッシー”で話題になった「池田湖」や「鷲尾の森自然公園」などがあります。
                    どちらも開聞岳とセットになった美しい景観が望めますよ。

                     

                    鹿児島県ー池田湖?_R.jpg

                     

                     

                    最南端へ来たからには、東、西、北の端にもトライしてみたいですね。

                     

                    鹿児島県ー西大山駅?_R.jpg

                     

                    いつかこのブログでご紹介出来るよう頑張ってまいりましょう(笑)

                     

                     

                    群馬県 │水沢うどん <アゼスタ観光地ブログ>

                    2018.01.31 Wednesday

                    0

                      こんにちは。アゼスタです。
                      今夜は3年ぶりの皆既月食の日です。
                      丸い月が突然欠け始め、やがて赤黒く輝き、そして再び光が射し月は丸い姿に戻っていく。
                      一夜のうちにこのような変化を見ることができる貴重な夜となります。
                      今回はたいへん条件が良く、日本全国で始まりから終わりまでを見ることができるそうです。
                      東南東の空で20時48分にかけ始め、21時 51分に南東の空で皆既月食となります。
                      あとはお天気次第ですが、神秘の瞬間を皆さまもご覧になれますように。

                       

                      さて、今回は群馬県の名物、「水沢うどん」をご紹介します。

                       

                      讃岐うどん、稲庭うどんと並び、日本三大うどんのひとつとして挙げられる「水沢うどん」。
                      その特徴は、粉・水・塩の3つの材料で作るシンプルな麺。
                      ツヤツヤとした輝きとツルッとした食感はコシと弾力があり、ところどころ透き通っているのも「水沢うどん」ならでは。
                      その昔、水澤寺(水澤観音)付近で参拝客へ振る舞ったことが始まりとされています。
                      伊香保温泉街からも車で約10分程なので、温泉旅行と合わせて立ち寄るのにもちょうど良い距離ですね。

                       

                      水澤寺へ向かう県道15号沿いにはたくさんの「水沢うどん」のお店が並び、
                      別名“水沢うどん街道”と呼ばれています。
                      お店毎に麺の固さやつゆの味付けも違いますので、行きと帰りと1軒ずつ寄ってみるのもいいかも。
                      アゼスタ社員も2軒のお店で頂いてきました。

                       

                      1軒目は「うどん茶屋水沢万葉亭」。
                      店内は黒と白を基調としたインテリアで、少人数用の小座敷と団体客用の高座椅子席とテーブル席があります。
                      大型バスも停められる駐車場がありますのでバス旅行などの利用にもぴったりですね。
                      つゆはカツオの香り豊かな醤油味。コシの強さとのど越しの良さを生かすため、
                      冷たいざるうどんにして食べるのがおすすめだそうです。

                       

                      群馬県−水沢うどん?(うどん茶屋水沢)_R.jpg

                      2009年から9年連続で食品コンテストのモンドセレクション最高金賞を受賞しています。

                       

                      2軒目は「水澤亭」。

                      店内は民芸調で光が多く入る明るい雰囲気です。
                      こちらも大型の広い駐車場を持ち、団体客用の大広間、中広間など受け入れ態勢が整っているお店です。
                      店外には大きな池があり風車と水の中の鯉が趣を感じさせます。
                      つゆは特製のごまだれ。舞茸の天ぷらや大きめの海老天もおすすめです。

                       

                      群馬県−水沢うどん?(水澤亭)_R.jpg

                       

                      どちらのお店も売店でお土産用の生うどんやオリジナルのお菓子が販売されています。
                      ぜひお立ち寄り下さい。